AOI Pro.プロデュース、朗読劇「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」に堀田茜、山﨑玲奈、髙橋佑大朗が出演! 山崎樹範×田村海琉が親子役、3月9日〜博品館劇場で上演 AOI Pro.主催・製作 / 企画・プロデュース作品

2024.02.09 事業

AOI Pro.主催・製作、3月9日(土)~17日(日)に東京・博品館劇場にて上演する朗読劇「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」の追加キャストとして山﨑玲奈さん、髙橋佑大朗さん、劇中映像に堀田茜さんが出演することをお知らせします。

映画「461個のおべんとう」の原作となった「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を朗読劇化し、映画で監督・脚本を務めた兼重淳さんが引き続き監督・脚本・映像監督を担当。山崎樹範さん、田村海琉さんが親子役で出演します。

上段: 山崎樹範(渡辺俊美役)、田村海琉(俊美の息子・登生役)
下段: 山﨑玲奈(登生の友人・小春役)、髙橋佑大朗(登生の友人・碧役)、堀田茜(俊美の妻・アヤカ役)
©︎AOI Pro./サンライズプロモーション東京

劇中ドラマ映像に出演が決定した堀田茜さんは、オムニバスコント公演「混頓vol.2」(2023年上演 / AOI Pro.企画・プロデュース)で舞台初主演を務めたことで話題となりましたが、本作では主人公・俊美(山崎樹範)の愛する妻・アヤカ役として登場。映像プロダクション・AOI Pro.による映像を多用した、通常の朗読劇とは異なる演出となる予定です。

登生(田村海琉)の友人・小春役は、第44回ホリプロタレントスカウトキャラバン「ミュージカル次世代スターオーディション」にてグランプリを獲得した山﨑玲奈さんに決定。ミュージカル「アニー」「ピーター・パン」「聲の形」など数々のミュージカルで主演やヒロインを務め話題を呼んでいる山﨑さんの歌唱シーンは、本作の大きな魅力の一つとなる予定です。そして、登生の友人・碧役は俳優発掘オーディション「TOHO NEW FACE」でミュージカル賞に輝いた髙橋佑大朗さんに決定しました。

メインビジュアル

合わせて、作中で大きな役割を果たす「お弁当」をモチーフにしたメインビジュアルも解禁。息子への愛がこもった彩り豊かなお弁当の写真が特徴的で、暖かみあふれる本作にぴったりのビジュアルとなりました。劇場ではお弁当にまつわる公演オリジナルグッズを展開する予定ですのでご期待ください。

主演の渡辺俊美役は、フジテレビ木曜劇場「silent」(2022年放送 / AOI Pro.制作協力)で古賀良彦役を好演し、朗読劇シリーズ第一弾となった「したいとか、したくないとかの話じゃない」(2023年上演 / AOI Pro.企画・プロデュース)で篠原涼子さんと夫婦役を演じた山崎樹範さんが務めます。息子役の田村海琉さんは人気グループ「少年忍者」のメンバーで、映画「461個のおべんとう」では小学生時代の鈴本虹輝役を演じました。兼重監督とは3年ぶりの再タッグとなります。

チケットの一般発売は2⽉10⽇(土)10時より受付を開始します。詳細は公式HPよりご確認ください。
数々の劇場映画・テレビドラマ制作を手がけるAOI Pro.が企画・プロデュースする公演にご期待ください。AOI Pro.は、演劇の新作公演に力を入れており、今後もこれまでの映像制作のノウハウとクリエイターの技術を活用して映像プロダクションならではの公演をお届けしていきます。

キャストコメント

◆堀田茜さん(アヤカ役 / 映像出演)
小中高の12年間、私の母も毎日お弁当を作り続けてくれていました。当たり前に食べていた全て手作りのおかずは、母からの愛そのもので、大人になり生涯をかけて親孝行しても返すことはできないのではないかと思うくらい、大きなものでした。あのお弁当を開ける時のワクワクと、どこかホッとする気持ちが、この作品にも詰まっていると思います。何が起こるか分からない今の時代だからこそ、大切な人と観に来ていただけたら嬉しいです。

◆山﨑玲奈さん(小春役)
朗読劇『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』で小春役を演じます、山﨑玲奈です。マネージャーさんから「合格しました」と聞いた時は朗読劇に出演できるー!とメチャクチャ喜んだのを覚えています。しかも、大好きな歌も歌わせて頂けるとのことで、今から本番が楽しみでなりません。たくさんの方にこの作品をお届け出来るように頑張ります。劇場でお待ちしております!!

◆髙橋佑大朗さん(碧役)
朗読劇『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』は僕にとっての初出演作であり、ワークショップでお世話になった兼重監督の作品ということもあり、出演が決まった時はとても嬉しかったです!今回僕が演じる碧という役を通して、学校での登生の様子や、お父さんの愛情がいっぱい詰まったお弁当の素晴らしさが伝えられるようにしたいです。僕自身、小さい頃から舞台が大好きで、劇場に行く日はいつもワクワクしています。そんなワクワクを劇場まで足を運んでくださるお客様にも感じていただけるように一生懸命頑張ります。

作品概要

朗読劇「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」

あらすじ
ミュージシャンとして活動する渡辺俊美(山崎樹範)は、長年連れ添った妻と離婚した。その影響なのか、15歳と多感な年頃を迎えた息子・登生(田村海琉)は高校受験に失敗してしまう。好きな事をやって生計を立てている俊美は、"学校に行く事だけがすべてではない"と考えるが、登生は「もう一度、高校受験をしたい」と伝える。次の年、見事高校に合格した登生は3年間休まずに学校に通うことを約束する。お昼ご飯をどうするか問いかける俊美。登生は「パパの弁当がいい。コンビニの弁当より、パパが作った方がおいしいから」と答えた。こうして「3年間お弁当を作る」「3年間、休まず高校へ行く」という"大切な男の約束"が生まれた。
徹夜明けの朝も、ライブの翌日も、二日酔いの朝も、一日も欠かすことが無かったシングルファーザーの怒涛の弁当作りの記録を通して、親子の絆を描く。

原作渡辺俊美著『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス)
脚本・演出・映像監督兼重淳
出演山崎樹範、田村海琉 / 山﨑玲奈、髙橋佑大朗 / 堀田茜(映像出演)
会場博品館劇場(〒104-8132 東京都中央区銀座8-8-11)
上演日時2024年3月9日(土)〜 3月17日(日) 全14公演
3月9日(土)13:00 / 17:00
3月10日(日)13:00 / 17:00
3月11日(月)19:00
3月12日(火)18:30
3月13日(水)18:30
3月14日(木)14:00 / 18:30
3月15日(金)18:30
3月16日(土)13:00 / 17:00
3月17日(日)13:00 / 17:00
チケット[料金(全席指定・税込)]
一般8,800円(税込)
※未就学児のご入場はお断りいたします。
 
[取扱]
チケットぴあ(Pコード: 523-597) https://w.pia.jp/t/461bento/
ローソンチケット(Lコード: 34550) https://l-tike.com/461bento/
イープラス https://eplus.jp/461bento/ 

[一般発売日]
2024年2月10日(土)10:00
URL公演公式サイト: https://aoi-stage.com/461bento/
公演公式X(旧Twitter): https://twitter.com/461bento
主催/企画・製作AOI Pro.、サンライズプロモーション東京
スタッフチーフプロデューサー: 代情明彦(AOI Pro.)、近藤富英(サンライズプロモーション東京)
プロデューサー: 黒澤優介(AOI Pro.)、伊藤夏恵(AOI Pro.)、岡本瞳(サンライズプロモーション東京)、長谷川陽奈子(サンライズプロモーション東京)、吉田涼乃(サンライズプロモーション東京)
協力プロデューサー: 吉田和睦
アシスタントプロデューサー: 涌井恵美子(AOI Pro.)、大下沙綾(AOI Pro.)、鈴木伊織(AOI Pro.)
宣伝: TOHOマーケティング
劇中映像: 鈴木智貴(AOI Pro.)
制作: style office

AOI Pro.
1963年の設立以来、テレビCM制作を中心とした映像プロダクションとして国内で業界トップクラスの地位を確立。年間約1,000本を超える映像を手がけ、グループ内に企画、演出、プロデュース、3DCG制作、最新機材を備えた撮影スタジオやポストプロダクションなど、映像制作に関わるリソースを完備しています。海外にも制作拠点を持ち、グローバル案件にも幅広く対応。2023年で設立60周年を迎え、映像事業会社として映像+αのコンテンツやサービスのプロデュースを行っています。エンタテインメントコンテンツプロデュース部では、映画やドラマなどのコンテンツプロデュースに加えて、これまで培った実績を活かし様々なエンタテインメントビジネスをプロデュースします。

本件に関するお問い合わせ先
公演・チケットに関するお問い合わせ: スタイルオフィス stage.contact55@gmail.com
取材に関するお問い合わせ: AOI Pro.お問い合わせフォーム