大森歩監督短編映画「春」が「第2回 小布施短編映画祭」でグランプリ受賞! AOI Pro.出資・制作作品

2020.03.24 受賞

当社社員の大森歩が脚本・監督を務めた短編映画「春」(当社出資・制作)が、「第2回 小布施短編映画祭」コンペティション部門でグランプリおよび一般審査員賞をW受賞しました。

グランプリ
一般審査員賞

「小布施短編映画祭」は、葛飾北斎の作品づくりを支え続けたまちである小布施(長野県)に、江戸時代から受け継がれてきたクリエイティブの気風を次世代につなげていきたいとの思いを一つの形にするために開催されています。

第2回 小布施短編映画祭では、3つの賞を設けて短編映画を募集し、 全国から集まった約150作品の審査が行われました。映像美や世界観の優れた作品を選ぶ「コシナ賞」、時代の一歩先を見据えて制作された作品を選ぶ「監督賞」、映画祭の舞台となる小布施町の住民や、映画を愛してやまない人びとが集い、心に響く優れた作品を選ぶ「一般審査員賞」、それぞれの観点から作品を評価し、各賞の受賞作品を決定しました。その中から、3つの観点を総合し最優秀と認められた作品がグランプリに選出されました。

あらすじ

元軍人のじぃちゃん(花王おさむ)と二人暮らしをする美大生のアミ(古川琴音)。未来あるアミとは反対に、どんどん認知症が進み子ども返りするじぃちゃん。やがて、二人の感受性が交差する時が訪れる。

監督・大森歩プロフィール

東京都出身、愛知県育ち。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、AOI Pro.入社。現在企画演出部所属。ADFEST FILM CRAFT LOTUS部門 BRONZE、リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー、BOVA等受賞。

作品概要

短編映画「春」

脚本・監督大森歩(AOI Pro.)
出演古川琴音、花王おさむ、加藤才紀子
出資制作AOI Pro.、第8回きりゅう映画祭
受賞歴 「京都国際映画祭2018」クリエイターズ・ファクトリー<グランプリ>
「おもいがわ映画祭」ショートムービーコンペティション2018<グランプリ>
「5th日本セルビア映画祭」<ベストフィルム賞>
「渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 2018-2019」一般部門コンペティション<ゴールデンバーガー賞(グランプリ)>
「第22回 文化庁メディア芸術祭」エンターテインメント部門<新人賞>
「第11回 下北沢映画祭」コンペティション<グランプリ><日本映画専門チャンネル賞><下北沢商店連合会会長賞>
「うえだ城下町映画祭」第17回自主制作映画コンテスト < 大賞 >
当社スタッフ
プロデューサー穴久保亮、谷内恒太
アソシエイトプロデューサー伊藤太一
制作進行松重涼子

本件に関するお問い合わせ先

AOI TYO Holdings 広報チーム
03-3779-8006