コント公演「混頓vol.3」

2024年
  • Drama/TV Program
  • Other

AOI Pro.×TOKYO FM 初タッグ
2本立ての新作書き下ろしオムニバスコント形式
◆コント公演「混頓vol.3」
出演: 宇垣美里、北野日奈子、新木宏典、田中直樹(ココリコ)

◆コント公演「混頓vol.3」幕間映像 コントドラマ『お相手は、村松薫でした。』
出演: 津田健次郎 / 井桁弘恵、槙尾ユウスケ(かもめんたる) / 池浦毅

2024年6月7日(金)〜6月9日(日)にTOKYO FMホールにて上演
AOI Pro.コント公演「混頓」シリーズ「混頓vol.1」「混頓vol.2」に続く第3弾
AOI Pro.主催 / 企画・製作作品

「混頓vol.3」メインビジュアル (イラストレーター: 中島ミドリ) ©AOI Pro.
「混頓vol.3」出演: 新木宏典、宇垣美里、北野日奈子、田中直樹(ココリコ)
「混頓vol.3」脚本・演出: 塚本直毅(ラブレターズ)、野田慈伸(桃尻犬)

コント公演「混頓vol.3」あらすじ
生徒の宝くじ 脚本・演出: 塚本直毅(ラブレターズ)
職員室。「もうこの仕事をやめよう…」そう心に決めた教師の元に、同僚が優しく声をかけてくる。「先生が没収した生徒の宝くじ、当たってたって本当ですか…?」固まる教師。目つきが鋭くなる同僚。人のいない職員室で、静かな話し合いが始まる…。
 
友達に戻れたことなんてない 脚本・演出: 野田慈伸(桃尻犬)
仕事のミスをフォローしてくれた会社の先輩といい雰囲気になった夜、ワンチャンあるかもと思っているユミのもとに昔の恋人・ケンジが現れる。ケンジはいまだにユミの事が好きで好きでしょうがない。ユミはこれまで恋人と円満に別れたことなどただの一つもなかった。そこにケンジの恋人を名乗る女が現れる。女にはある秘密があった。

コントドラマ『お相手は、村松薫でした。』出演: 津田健次郎、井桁弘恵、槙尾ユウスケ
コントドラマ『お相手は、村松薫でした。』脚本: 秋山寛貴(ハナコ)、監督: 前野朋哉

幕間映像 コントドラマ『お相手は、村松薫でした。』あらすじ
とあるラジオ局のスタジオ、番組出演者と急遽連絡が取れず、ディレクター・西田梨恵(井桁弘恵)とプロデューサー・林(槙尾ユウスケ)が途方に暮れている。するとそこに、火災報知機の点検に訪れていた点検員・村松薫(津田健次郎)に目が止まり…?ラジオ局を舞台にしたドタバタコメディ、開幕!

コント公演「混頓vol.3」

脚本・演出塚本直毅(ラブレターズ)、野田慈伸(桃尻犬)
出演宇垣美里、北野日奈子、新木宏典、田中直樹(ココリコ)
会場TOKYO FMホール
〒102-8080 東京都千代田区麹町1-7 エフエムセンター2F
上演日時2024年6月7日(金)〜6月9日(日) 全6公演
6月7日(金) 14:30 / 18:30
6月8日(土) 14:00 / 18:00
6月9日(日) 13:00 / 16:30
チケット[料金(全席指定・税込)]
SS席: 12,000円(お土産付・前方3列確約席)
一般: 7,800円
※未就学児のご入場はお断りいたします。
 
[公式先行(抽選)]
4月16日(火)12:00 ~ 4月21日(日)23:59
https://w.pia.jp/s/conton-vol3of/
 
[取扱]
チケットぴあ https://w.pia.jp/t/conton3/
ローソンチケット(Lコード:32789) https://l-tike.com/conton3
イープラス https://eplus.jp/conton3/

[一般発売日]
5月3日(金・祝) 10:00
URL公演公式サイト: https://aoi-conton.com/conton3/
公演公式X(旧Twitter): https://twitter.com/aoi_conton
主催/企画・製作 AOI Pro.
共催TOKYO FM
スタッフチーフプロデューサー: 代情明彦(AOI Pro.)、松任谷玉子(TOKYO FM)
プロデューサー: 伊藤夏恵(AOI Pro.)、黒澤優介(AOI Pro.)、植田真作(TOKYO FM)
協力プロデューサー: 吉田和睦(ナナガツ)、小松香織(TOKYO FM)
アシスタントプロデューサー: 大下沙綾(AOI Pro.)、鈴木伊織(AOI Pro.)、涌井恵美子(AOI Pro.)
広報: 大髙日菜子(AOI Pro.)

コント公演「混頓vol.3」幕間映像 コントドラマ『お相手は、村松薫でした。』

脚本秋山寛貴(ハナコ)
監督前野朋哉
出演津田健次郎 / 井桁弘恵、槙尾ユウスケ(かもめんたる) / 池浦毅

関連NEWS

CONTACT

広告映像・その他映像作品に関するお問い合わせのほか、
映像制作+αのコミュニケーションのご依頼もぜひお寄せください。