監督・是枝裕和×脚本・坂元裕二×音楽・坂本龍一、映画「怪物」特報映像&ポスター解禁! 安藤サクラ、永山瑛太、黒川想矢、柊木陽太、田中裕子らが出演 AOI Pro.出資・制作作品

2023.01.05 事業

是枝裕和監督と脚本家・坂元裕二さんの初タッグで贈る、6月2日公開の映画「怪物」(AOI Pro.出資・制作)の第1弾ポスターと特報映像が解禁されました。
本作は坂本龍一さんによる音楽で構成され、安藤サクラさん、永山瑛太さん、黒川想矢さん、柊木陽太さん、高畑充希さん、角田晃広さん、中村獅童さん、田中裕子さんら豪華実力派キャスト陣が出演することが発表されました。

上段: 坂元裕二、是枝裕和監督、坂本龍一
中段: 安藤サクラ、永山瑛太、黒川想矢、柊木陽太
下段: 高畑充希、角田晃広、中村獅童、田中裕子
©2023「怪物」製作委員会

万引き家族」(AOI Pro.出資・制作)の是枝裕和監督と、「花束みたいな恋をした」「大豆田とわ子と三人の元夫」の脚本家・坂元裕二さんのコラボレーションで話題の本作の音楽に、「ラストエンペラー」で日本人初となるアカデミー賞🄬作曲賞を受賞し、「レヴェナント:蘇えりし者」や「怒り」など国内外を問わず第一線で活躍する坂本龍一さんが加わり、まさに怪物級のクリエイターが集結。さらに今回発表された実力派キャストたちの演技のケミストリーにもご期待ください。

映画「怪物」第1弾ポスター ©2023「怪物」製作委員会

発表された第1弾ポスターは、森の中に佇む2人の子供を不穏な空気が渦のように取り込んでいくようなビジュアルで、どのような物語が繰り広げられるのか、興味をそそります。

特報映像では、坂本龍一さんが本作「怪物」のために書き下ろした楽曲と共に、子供たちの「怪物だーーれだ」という声が何度もこだまする中、是枝裕和監督、坂元裕二さん、そして坂本龍一さんという錚々たるクリエイターたちの名前が浮かび上がり、さらに今回初めて顔ぶれが明かされたキャスト陣・安藤サクラさん、永山瑛太さん、黒川想矢(くろかわそうや)さん、柊木陽太(ひいらぎひなた)さん、田中裕子さんの印象深い表情が続きます。そして、学校の上履きのそばに滴り落ちる血。この意味深なカットに続く「怪物」のタイトルが、観客の好奇心をより一層掻き立てていきます。
彼らが演じる役は? どんな物語が繰り広げられるのか? 「怪物」という言葉が指し示すものとは?

本作の撮影は2022年の春と夏に終え現在ポストプロダクション中、6月2日(金)全国ロードショーです。

坂本龍一さんコメント

「怪物」
怪物と言われると誰が怪物なんだと探し回ってしまうんだが、それはうまくいかない。誰が怪物かというのはとても難しい問いで、その難しい問いをこの映画は投げかけている。
さて、その難解なテーマの映画にどんな音楽をつければいいのだろう。救いは子供たちの生の気持ち。それに導かれて指がピアノの上を動いた。正解はない。
今回残念ながらスコア全体をお引き受けする体力はなかった。監督からのたってのご所望でピアノ曲2曲を提出した。新しいアルバム「12」からの曲や、古い曲を使って全体を構成してくださった。

<プロフィール> 1952年、東京都生まれ。78年「千のナイフ」でソロデビュー。同年YMOを結成。散開後も多方面で活躍。映画『戦場のメリークリスマス』(83)で英国アカデミー賞を、映画『ラストエンペラー』(87)の音楽ではアカデミー賞🄬作曲賞、グラミー賞、他を受賞。主な映画音楽の作品に、『シェルタリング・スカイ』(90)、『ハイヒール』(91)、『ファム・ファタール』(02)、『トニー滝谷』(04)、『レヴェナント:蘇えりし者』(15)、『怒り』(16)、『天命の城』(17)、『あなたの顔』(18)、『MINAMATA―ミナマタ―』(20)、『アフター・ヤン』(21)などがある。

是枝裕和監督コメント

坂本龍一さんについて
長年の念願が叶ってようやくコラボレーションが実現しました。撮影中も編集中もホテルの部屋で坂本さんの音楽をかけながら作業をしていたので正直お引き受け頂けなかったら途方に暮れていたと思います。歓喜、しています。
 
キャストについて
安藤サクラさん、永山瑛太さん、田中裕子さん、こんなキャスティングが実現したらいいですね、と坂元裕二さんとワクワクしながらお話した通りのキャストが出演してくれました。身震いしました。
安藤サクラさんは『万引き家族』に続きまして、2作目のお付き合いでしたが、前回とはまた全く違う凄みのある役を見事に体現していただきました。
永山瑛太さんは初めての出演でしたが坂元裕二さんが瑛太さんに当て書きした役でもあり、もう彼以外ではあり得ない妙な、しかし、愛すべき人物に仕上がっております。
田中裕子さんは、実は学生の頃に一度だけお会いしたことがあり、映画はもちろんですが、久世光彦さんと組まれたドラマの大ファンだったのでプレッシャーでしたが、至福の時間でした。怪物でした。
主役の2人の男の子はオーディションを重ねて選ばせて頂きました。黒川さん、柊木さん、ふたりとも抜群でした。顔立ちも個性も全く違うのですが、撮影中見事な化学変化を作品にもたらしてくれたと思います。将来が楽しみです。
高畑さん、獅童さんは以前ご挨拶をさせていただいてまして、いつか、とお約束していたのでこの作品で実現して良かったです。
角田さんは、元々ファンでしたが「大豆田」でお芝居を拝見して、更にファンになり、お願いしました。登場しただけでちょっと微笑んでしまうんですが、素晴らしい存在感でした。

<プロフィール> 1962年6月6日、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。2014年に独立し制作者集団「分福」を立ち上げる。1995年に『幻の光』で監督デビューし、その後も『誰も知らない』(04)、『そして父になる』(13)、『海街diary』(15)等、数々の作品を世に送り出す。2018年の『万引き家族』は、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、第91回アカデミー賞®外国語映画賞にノミネート、そのほか多くの映画賞を受賞した。2019年の『真実』は国際共同製作作品として海外の映画人とのセッションを本格化させ、2022年には初の韓国映画となる『ベイビー・ブローカー』で、第75回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品、エキュメニカル審査員賞を受賞。また主演のソン・ガンホが韓国人俳優初となる最優秀男優賞を受賞した。

作品概要

映画「怪物」(英題 "Monster")

公開日2023年6月2日(金)
キャスト安藤サクラ、永山瑛太、黒川想矢、柊木陽太、高畑充希、角田晃広、中村獅童 / 田中裕子
監督・編集是枝裕和(『万引き家族』)
脚本坂元裕二(『花束みたいな恋をした』)
音楽坂本龍一(『レヴェナント:蘇えりし者』)
企画・プロデュース川村元気、山田兼司
製作東宝、ギャガ、フジテレビジョン、AOI Pro.、分福
配給東宝、ギャガ
制作プロダクションAOI Pro.
URLオフィシャルサイト
Twitter
Instagram
当社スタッフ
プロデューサー伴瀬萌、伊藤太一

本件に関するお問い合わせ先
お問い合わせフォーム