EBiDANメンバー出演のスポーツ青春ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」4月8日深夜放送開始 AOI Pro.出資・制作作品

2020.04.01 事業

©汐留ヱビス商店街
©FAKE MOTION 製作委員会

新たな総合エンターテインメントプロジェクト「FAKE MOTION -卓球の王将-」が始動し、同名のスポーツ青春ドラマ(AOI Pro.出資・制作)が2020年4月8日(水)24:59~日本テレビにて放送を開始します。

本作は、“卓球戦国時代”を迎えた東京を舞台に、激しいピンポンバトルを繰り広げる高校生たちの「壮絶な戦いと挑戦」と「熱い友情と絆」を描くスポーツ青春テレビドラマです。
キャストには、佐野勇斗さん、古川毅さん、北村匠海さんを始めとする 「恵比寿学園男子部(EBiDAN)」メンバーが集結しました。


ピンポンバトルの激しさと緊張感を演出する主題歌は、人気マルチクリエイター・まふまふさんが全面プロデュースし、EBiDANが歌う「FAKE MOTION」。ドラマ放送に先駆けて、アーティスト“King of Ping Pong”と名して4月1日(水)にCDシングルをリリースしました。

「FAKE MOTION 」CDシングル 初回限定盤A ジャケット3パターン
©汐留ヱビス商店街 ©FAKE MOTION 製作委員会

また、キャラクターデザインを人気漫画家・おげれつたなかさんが手がけています。

おげれつたなかさんの手によるキャラクターデザイン
©汐留ヱビス商店街

「FAKE MOTION -卓球の王将-」プロジェクトは、2020 年に様々なメディアミックスを予定しており、ドラマに続いてコミカライズが決定。4月6日(月)発売の月刊少年チャンピオン5月号、そして、LINEマンガ内「クロフネ×LINEマンガ」レーベルで4月10日(金)より連載がスタートします。

作品概要

ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」

世は空前の卓球ブーム。
リズミカルな音を奏でる世界最速の球技に人々は敬意を払った。

トレンドの中心は卓球。
高校生同士の優劣を決めるのも、勉強や喧嘩の強さではなく……卓球の勝敗。
卓球の強い高校は、部員のみならず神の様に崇められた。
戦国時代の領地争いの如く、高校同士の覇権争いは、熾烈を極める。
卓球ランクが下位の高校は上位の高校に絶対服従。
誰かがこの時代を、こう呼んだ——。
——『卓球戦国時代』と。

放送日本テレビにて4月8日(水)24:59~ 放送開始
配信オンライン動画配信サービスHuluとdTVで、地上波放送終了後に見逃し配信スタート
出演<恵比寿長門学園>佐野勇斗、古川毅、橘柊生、田中洸希、吉澤要人、北村匠海、田中雅功、髙田彪我、山中柔太朗、髙松アロハ、富本惣昭
<薩川大学付属渋谷高校>草川拓弥、小笠原海、村田祐基、船津稜雅、松尾太陽、福田佑亮
<都立八王子南工業高校>森崎ウィン、板垣瑞生、矢部昌暉、泉大智、ジャン海渡
<浅草雷門高校>加藤諒、池田彪馬
<代官山高校>坂口涼太郎、尾北翼
仲田博喜
企画・原案汐留ヱビス商店街「FAKE MOTION -卓球の王将-」
主題歌FAKE MOTION / King of Ping Pong
プロデュース・作詞作曲編曲: まふまふ、ラップ詞: nqrse
歌唱メンバー: 佐野勇斗(M!LK)、古川毅(SUPER★DRAGON)、北村匠海(DISH//)、松尾太陽(超特急)、森崎ウィン(PRIZMAX)、板垣瑞生(元M!LK)
監督 河合勇人、千村利光
脚本小山正太
音楽牧戸太郎
エグゼクティブプロデューサー沢桂一、藤下良司
制作南波昌人、高谷和男、鈴木謙一
企画プロデュース植野浩之、川邊昭宏
プロデューサー前田直敬、水田貴久
企画制作汐留ヱビス商店街
制作プロダクションAOI Pro.
製作著作FAKE MOTION 製作委員会
当社スタッフ
プロデューサー森田美桜
アシスタントプロデューサー大溝恵、植木さくら、鳥越一暢

最新情報はオフィシャルサイト・SNSで!



本件に関するお問い合わせ先

AOI TYO Holdings 広報チーム
03-3779-8006