「万引き家族」が「第42回日本アカデミー賞」にて最優秀作品賞・監督賞ほか最多8冠獲得!AOI Pro.出資・制作作品

©︎2018『万引き家族』 製作委員会

「第42回日本アカデミー賞」の授賞式が3月1日に開催され、是枝裕和監督作「万引き家族」(AOI Pro.出資・制作)が最優秀作品賞を受賞。計8部門で最優秀賞を受賞し、最多受賞となる8冠を果たしました。

「万引き家族」は、作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞(2名)、撮影賞、照明賞、音楽賞、美術賞、録音賞、編集賞の計12部門(13名)にて優秀賞を受賞。うち、作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞、助演女優賞、撮影賞、照明賞、音楽賞の計8部門にて最優秀賞を獲得しました。

日本アカデミー賞は1978年、米アカデミー賞と同様に映画人が選ぶ映画賞として設立されました。米国アカデミーの正式許諾を得ているのは世界で日本とイギリス・アカデミーのみです。日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のために、その年度の該当者に栄誉を与え、日本の映画界の振興に寄与することを目的としています。

作品賞 最優秀賞 「万引き家族」
監督賞 最優秀賞 是枝裕和「万引き家族」
脚本賞 最優秀賞 是枝裕和「万引き家族」
主演男優賞 優秀賞 リリー・フランキー「万引き家族」
主演女優賞 最優秀賞 安藤サクラ「万引き家族」
助演女優賞 最優秀賞
優秀賞
樹木希林「万引き家族」
松岡茉優「万引き家族」
撮影賞 最優秀賞 近藤龍人「万引き家族」
照明賞 最優秀賞 藤井勇「万引き家族」
音楽賞 最優秀賞 細野晴臣「万引き家族」
美術賞 優秀賞 三ツ松けいこ「万引き家族」
録音賞 優秀賞 冨田和彦「万引き家族」
編集賞 優秀賞 是枝裕和「万引き家族」

作品概要

映画「万引き家族」

原案・監督・脚本・編集 是枝裕和
音楽 細野晴臣(ビクターエンタテインメント)
出演 リリー・フランキー、安藤サクラ / 松岡茉優、池松壮亮、城桧吏、佐々木みゆ / 緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美・柄本明 / 高良健吾、池脇千鶴・樹木希林
製作 フジテレビ、ギャガ、AOI Pro.
配給 ギャガ
当社スタッフ
プロデューサー 代情明彦
アシスタントプロデューサー 伴瀬萌

最新情報はオフィシャルサイト・SNSで!


関連ニュース

本件に関するお問い合わせ先

AOI TYO Holdings 広報チーム
03-3779-8006