「CCAフェロープログラム」開催 ~革新的なリーダーになるための「デザイン思考」セミナー~

株式会社AOI Pro.(本社/東京都品川区、代表取締役社長/藤原次彦、東証一部/9607)は、米国・カリフォルニア芸術大学(以下、「CCA」)から講師を招き、10月5日~8日の4日間、大崎本社にて「CCAフェロープログラム」を開催いたしました。「CCAフェロープログラム」とは、「デザイン思考※」に基づき、ビジネスにおけるイノベーションを可能にするための知識と、実践的なツールや手法について学ぶセッションです。今般のプログラムにおいては、今後の変革を担う当社グループ社員に加え、お取引先の方々など約30名が参加しました。

  • 「デザイン思考」とは・・・視覚的なデザインではなく、ビジネスにおける設計もしくは計画を意味し、企業や商品開発においての革新的なアイデアの創造のためのアプローチを言う。
講師: Susan Worthman(CCAフェロープログラムディレクター) / Nathan Shedroff (CCAデザイン戦略MBAプログラム・ディレクター)
Steve Diller (CCAデザイン戦略MBAプログラム非常勤講師) / Stuart Candy (CCAデザイン戦略MBAプログラム非常勤講師)

講師(左から): Susan Worthman(CCAフェロープログラムディレクター) / Nathan Shedroff (CCAデザイン戦略MBAプログラム・ディレクター) / Steve Diller (CCAデザイン戦略MBAプログラム非常勤講師) / Stuart Candy (CCAデザイン戦略MBAプログラム非常勤講師)

今回のセミナーは、グループ社員の実力の底上げを図り顧客の強力なパートナーとなること、また会社や立場の垣根を越えてイノベーティブな発想を学ぶ機会を作り、新しい事業・サービスを創り出すための礎を作ることを目的に、主対象を組織内でリーダー的役割を努める方に限定して開催いたしました。CCAでは、通常エグゼクティブ向けに同様のプログラムを実施しており、今般、日本での初開催に際しては、グループ会社の株式会社ビジネス・アーキテクツ(本社/東京都港区、代表取締役社長/林亨)の協力を得ながら、日本人向けに特別にカスタマイズした形で開催をいたしました。参加者は、4日間にわたる演習やグループディスカッション、フィールドワークなどを通じ、主に企業の成長を永続させるための顧客中心のイノベーション、変化をリードする方法、永く続く価値を生み出す考え方を学びました。

セミナーの様子
セミナーの様子
セミナーの様子

■講義の内容

DAY 1 「デザイン思考とイノベーションのプロセス」

・ イノベーションのためのデザイン
・ 顧客のニーズの発見
・ 演習:自分の所属する組織の分析、小売店でのフィールドワーク

DAY 2 「意味のある顧客体験の提供のためのデザイン」

・ 見えないもののデザイン:経験と意味
・ 長期的に考える経験
・ 演習:自分の会社の「意味」戦略、顧客の経験のウェーブライン

DAY 3 「市場競争における優位性とイノベーションを可能にする企業戦略のデザイン」

・ ダイナミックな価値の創造
・ 未来について考える
・ 演習:バリューモデル、ペルソナの作成

DAY 4 「次へ:将来的な成功へのデザイン」

・ シナリオを使ったダイナミックな価値モデル
・ 変化をリードする

修了証を授与された受講生
修了証を授与された受講生

■本件に関するお問い合わせ
株式会社AOI Pro. 広報IR部 TEL: 03-3779-8006