紙面に埋め込んだ見えないコードがデジタルコンテンツと連動するスマートデバイス向けソフトウェア「MC for Android」を開発 ~印刷とデジタルの融合~

株式会社AOI Pro.(本社/東京都品川区、代表取締役社長/藤原次彦、東証一部/9607)は、YAMAGATA株式会社(本社/神奈川県横浜市、代表取締役社長/山形隆司)と共同でMicrodot Code(以下・MC)技術を利用した※スマートデバイス向けソフトウェア「MC for Android」(以下・MCA)を開発してきましたが、今般、サービス提供を開始できる段階となりましたためお知らせいたします。
※スマートデバイスとは、スマートフォンやタブレット端末を指します。

MC技術とは、紙面に刷り込まれた肉眼では見えないコードのことで、俗称「ステルスコード」技術とも言います。今回開発したMCAは、スマートデバイスの専用リーダーで読み取ることで、紐付けされたデジタルコンテンツをスマートデバイスに表示するソフトウェアです。本ソフトウェアは、紙面上の画像そのものへの加工編集を不要とするため印刷品質への影響を最小限とするほか、コードの読み取りには赤外線を利用するため暗い場所でも読み取りが可能で、かつ、軽量・高速なコード認識処理により容易にスマートデバイスへ組み込めるという特長があります。

これまでにもスマートフォンのカメラと画像認識技術を用いた類似サービスはありましたが、被写体画像に特徴が少ないと基準画像との照合率(マッチング)が下がり、意図するデジタルコンテンツが表示されないほか、ユーザー視点でも「被写体のどの部分にカメラフレームを合わせればよいのか分かりづらい」という課題がありました。今回当社が共同開発したMCAは、スマートデバイス(及び専用リーダー)向けソフトウェアとして、このような問題を解決した点で非常に画期的であり、今後、デジタルコンテンツから様々な情報が得られる印刷物として、営業ツールや広告、教材、認証・セキュリティなど、あらゆる場面での活用が期待できます。

当社は、デバイスの進化やそれに伴うメディアの新局面に対応し、「ユーザー体験を刷新する、新たなサービス開発」を目指していますが、MCAの開発は、そのサービス開発の一つの例と言えます。当社では今後、多様な業種にわたるパートナー会社とともに、MCAを活用したビジネスの創出へ向けて取り組んでまいります。

Androidタブレットを活用したイメージ図
Androidタブレットを活用したイメージ図
Androidタブレットを活用したイメージ図

「MC for Android」の特長

  • 1.紙面にリーダーを触れさせて使う、直感的なユーザーインタフェース
  • 2.赤外線を利用するため、暗い場所でのコード読み取りも可能
  • 3.他コードとMCを組み合わせることで偽造を困難にし、真贋(しんがん)認証への応用も可能
  • 4.画像そのものに加工編集の必要がないため、印刷品質への影響を最小化
  • 5.軽量かつ高速なコード認識処理で、スマートデバイスへの組み込みが容易
「MC for Android」を利用したシステム例
「MC for Android」を利用したシステム例

「MC for Android」活用例

営業ツールや広告、教材、認証・セキュリティなど、利用分野は多岐に渡ります。
デジタルコンテンツから様々な情報が得られる印刷物として、あらゆる場面で活用が可能です。

◎駅、ショッピング施設、展示会場、イベント会場 ◎ローコストなIDカード ◎雑誌◎宅配便 ◎投票所 ◎遊園地、博物館 ◎会員制店舗の顧客管理 ◎映画館 ◎CDショップ、レンタル店 ◎学校や塾、教育現場の教材、プレゼンツール ◎病院 ◎スーパーマーケット ◎結婚式場 ◎自動車のショールーム ◎AV機器のショールーム ◎ホテルステイ ◎ファーストフードのドライブスルー ◎企業などの受付 など


■ 本件に関するお問い合わせ
株式会社AOI Pro. 広報IR部
TEL: 03-3779-8006