ドキュメンタリードラマ『ヨメとダンナの493日~おもろい夫婦の「がんフーフー日記」~』の59分バージョンがNHK BSプレミアムにて5月13日再放送決定!!

5月6日の放送に続き、当社制作・著作のドキュメンタリードラマ『ヨメとダンナの493日~おもろい夫婦の「がんフーフー日記」~』(2012年3月4日初回放送、89分)の59分バージョンが、5月13日(日)12:00より、NHK BSプレミアムにて再び放送されることが決定いたしました。

単なる短縮版ではなく、59分バージョンで初めて登場する映像なども盛り込まれています。是非ご覧ください。

【番組情報】

ドキュメンタリードラマ『ヨメとダンナの493日~おもろい夫婦の「がんフーフー日記」~』

放送 NHK BSプレミアム 2012年5月13日(日) 12:00~12:59
出演 岡田義徳 野波麻帆 ほか
制作・著作 NHK / 葵プロモーション

【内容詳細】

17年間まったくの友人関係だった二人が、
周囲も予想しなかった衝撃的な入籍をしたのは2009年3月。直後に妊娠も判明。

しかし、喜びもつかのま、突如、暗雲が。
9月、妻にがんが発覚、しかも第3期。
帝王切開で長男を出産、その後、闘病生活に。
その中でダンナとヨメはある光を見つける。

友人たちとの情報交換として始めたブログ「がんフーフー日記」。
「生きる。そして、おもしろい」、夫婦は最期の日々と向き合いながら、
笑いの絶えないおもろい日常を綴っていく。
友人たちの激励コメント、サプライズな結婚式…。

闘病という悲壮感に負けないよう、たくさん笑い、愛を深め合ったダンナとヨメ。
ヨメはマイペースで自分らしさを失わず、きちんと生をまっとうした。
『笑って、生きた』、若い夫婦の493日の物語。