「JAC AWARD 2013」にて入賞!!

(社)日本アド・コンテンツ制作社連盟(JAC)が主催する「JAC AWARD 2013」にて、プロデューサー部門で加藤久哉(36)がファイナリスト、プロダクションマネージャー部門で川口雅弘(29)、白澤泰介(27)がそれぞれファイナリストに選ばれました。

「JAC AWARD」は、映像文化発展のため、映像クリエイターの発掘・育成・映像技術の向上を図り、制作サイドの見地から表彰を行う賞です。業界の活性化を促進し、若手のモチベーションアップと人材育成を目的とし、2007年に設立されました。

プロデューサー部門は35歳以下(もしくはプロデューサーとしての経験年数が5年以下)のJAC会員社社員を対象、プロダクションマネージャー部門は28歳以下(もしくはプロダクションマネージャーとしての経験年数が5年以下)のJAC会員社社員を対象とし、応募者57名の中から受賞者が選出されました。

リマーカブル・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー / ファイナリスト

加藤久哉(36)

主な作品:

日本コカ・コーラ グラソービタミンウォーター
ZIMA 「Z-MACHINES」
グーグル 「Google Maps Treasure Mode」

受賞理由:

日本コカ・コーラ「グラソービタミンウォーター」のテレビCMでは、“地球貫通日米大綱引き”の映像を作るために、綱が引かれる加重を計算し、対戦相手の綱の巻き取りをコントロールする「遠隔綱引きシステム」を開発、東京・ニューヨークでリアルタイム同時撮影を慣行しました。こうした制作アイディアが高く評価されました。

リマーカブル・プロダクションマネージャー・オブ・ザ・イヤー / ファイナリスト

川口雅弘(29)

主な作品:

グーグル Nexus7 「Beach」「Waiting」「Cat」篇
ウィルコム 「はじまり」「イチキュッパカ」「パケット山脈」「金欠な村人」篇
ソニー Play Memories Camera Webムービー

受賞理由:

ウィルコム「だれスマ」のテレビCMでは、3時間で4本を撮影するという過酷なスケジュールの為、5カメの起用・カメラ配置図・スタッフの動き・仕上げイメージの事前Vコンテの作成、そして数度に亘る大枠の撮影手法の擦り合せを行い、上質な作品に仕上げました。こうした制作努力が高く評価されました。

白澤泰介(27)

主な作品:

au 4G LTE 「PLAY SCREEN」篇
au 4G LTE 「PERFECT SYNC. / REAL」篇
AGA疾患啓発 「分かれ道」篇

受賞理由:

au 4G LTEのテレビCM「PERFECT SYNC. / REAL篇」では、国技館でのイベントと連動したライブ撮影のため、チャンスは一回しかなく、無線機により6カメの指揮をとり、イベント時には2,000人のオーディエンスの“盛り上げ”を行い、生き生きとした作品に仕上げました。こうした制作努力が高く評価されました。

  • 年齢は審査当時のものです