「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー 2011」にて受賞!!

(社)日本アド・コンテンツ制作社連盟(JAC)が主催する「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー 2011」にて、当社 企画演出部 所属の後藤 匠平が最高賞となる「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー」を受賞、同じく当社 企画演出部 所属の長嶺 秀俊がファイナリストを受賞しました。

「リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー」は日本国内における若手ディレクター育成を目的として30歳未満のJAC会員社に所属する若手社員を対象に実施されました。第4回となる今年の課題は「日本」をテーマにした60秒のTVCM。8社・17人から18作品の応募があり、リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー 2名、ファイナリスト 3名が選出されました。

※年齢は審査当時のものです

<リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー 2011>

後藤 匠平 (28)  「日本太郎」

<リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー/ファイナリスト>

長嶺 秀俊 (27)  「僕の日本」