是枝監督の愛弟子・広瀬奈々子監督デビュー作「夜明け」、釜山国際映画祭コンペティション出品決定! 1月18日より全国公開! AOI Pro.出資・制作作品

左から: 小林薫さん、主演・柳楽優弥さん
©2019「夜明け」製作委員会

映画「万引き家族」(当社出資・制作)の是枝裕和監督のもとで監督助手を長年務めた愛弟子・広瀬奈々子監督のデビュー作「夜明け」(当社出資・制作)が、「第23回釜山国際映画祭」のコンペティション(ニューカレンツ部門)に出品が決定しました。

過去には是枝裕和監督作「そして父になる」「三度目の殺人」や、西川美和監督作「永い言い訳」(当社出資・制作)等が招待されたアジア最大級といわれる本映画祭。
広瀬奈々子監督はデビュー作にして出品を果たす快挙を成し遂げました。
10月5日(金)の公式上映には主演の柳楽優弥さん、広瀬奈々子監督の参加が予定されています。

日本では2019年1月18日(金)より全国ロードショーが決定。
是枝監督と西川監督が太鼓判を押す新人・広瀬奈々子監督、世界が注目する若い才能にご期待ください。

主演・柳楽優弥さんコメント

映画祭に参加出来る事がとても嬉しいです。以前参加した際に、釜山映画祭はとても活気に溢れた映画祭という印象を受けたので、今回も参加出来る事をとても楽しみにしております。
広瀬監督の作品が多くの方に届いたらいいなと思います。

広瀬奈々子監督コメント

昨年、釜山国際映画祭のAPMという場で映画の企画をプレゼンする機会があり、街全体に帯びる映画への情熱と、他国の映画人への懐の深さを感じ、またここに戻ってくることを一年間目標にしてきました。素晴らしい映画祭でデビュー作を上映できることを心から嬉しく思っています。言葉にできないものを言葉にしないまま描くことに挑戦した本作を、韓国、アジアの方々にどのように受け取ってもらえるかとても楽しみです。今ここでしか味わうことのできない様々な景色や言葉に触れ、たくさん吸収してきたいと思います。

作品概要

映画「夜明け」

その他人が、昨日を消してくれるはずだった。

地方の町で木工所を営む哲郎(小林薫)は、ある日川辺で倒れていた見知らぬ青年(柳楽優弥)を助ける。
「シンイチ」と名乗り、素性を語らない青年になぜか惹かれた哲郎は、彼を迎え入れ、職を与えて一緒に暮らし始める。
この男は誰なのか?なぜこの町へ来たのか?何が目的なのか?周囲が疑いの目を向ける中、哲郎はシンイチをかばい、シンイチもまた哲郎を慕っていく。何かを埋め合うように、父と息子のような関係を築いていくふたり。
だがある夜の出来事をきっかけに、ふたりの人生は思わぬ方向へと走り出す――。

出演 柳楽優弥/YOUNG DAIS、鈴木常吉、堀内敬子、芹川藍、高木美嘉、清水葉月、竹井亮介、飯田芳、岩崎う大(かもめんたる)/小林薫
監督・脚本 広瀬奈々子
製作 バンダイナムコアーツ、AOI Pro.、朝日新聞社
配給 マジックアワー
当社スタッフ
製作 中江康人
プロデューサー 伊藤太一
アシスタントプロデューサー 池野加奈

本件に関するお問い合わせ先

AOI TYO Holdings 広報チーム
03-3779-8006