マレーシア最大の広告賞「カンチル賞 2018 (Kancil Awards 2018)」にてグループ会社Directors Think TankがProduction House of the Yearを受賞

マレーシア最大の広告賞「カンチル賞(Kancil Awards 2018)」にて、グループ会社のDirectors Think Tankが、最も優れた制作会社に贈られる「Production House of the Year」を受賞しました。

授賞式で登壇したDirectors Think Tankのメンバー
授賞式で登壇したDirectors Think Tankのメンバー

今年新設された「Production House of the Year」は、Film & Branded Content部門およびFilm Craft部門の中の3カテゴリー(演出、シネマトグラフィー、編集)での受賞数によって決定されます。
Directors Think Tankが制作した作品は、Malaysia Airlines「Raya Around The World」(AOI Pro.プロダクションサービス協力作品)と、Maxis Communications「MAXIS_AI versus MI」での2つのゴールドのほか、1つのシルバー、16のブロンズ、6つのメリットを受賞しました。また、ディレクターのChevie Lawが若手ディレクターのコンペティション「Kancil 666 Young Director’s Challenge」で受賞しました。

1978年に設立された「カンチル賞」は、マレーシア最大かつ最も権威ある広告賞とされており、広告祭「The Kancil Festival」の中で授賞式が行われます。
今年は7月26・27日の2日間、”Celebrating humanity in creativity, technology, and culture”(クリエイティビティ、テクノロジー、文化の中にある人間らしさを讃える)というテーマで開催され、テーマに沿ったセミナー等が行われました。その中でDirectors Think Tankは、グループ会社のSOOTHとコラボレーションし、「Capturing Hidden Insights Through Sensing Emotion(感情センシングで、隠れたインサイトを捉える)」というテーマでセッションを行いました。

AOI Pro.グループは今後もアジアのネットワーク「AOI Asia」とグループ内の連携を強化し、海外事業の拡大を推進してまいります。

ゴールド受賞作品

Malaysia Airlines 「Raya Around The World」

制作会社: Directors Think Tank
プロダクションサービス: 株式会社AOI Pro.
ディレクター: Rajay Singh (Directors Think Tank)


Maxis Communications 「MAXIS_AI versus MI」

制作会社: Directors Think Tank
ディレクター: Rajay Singh (Directors Think Tank)

その他の受賞作品はカンチル賞のサイトでご覧いただけます。


本件に関するお問い合わせ先

AOI TYO Holdings 広報チーム
03-3779-8006