アジア最大級の広告祭 ADFEST 2018の「Fabulous Four」に当社社員が選出!当社若手ディレクター 貝塚春菜がスクリプト・演出を担当

当社所属の若手ディレクターである貝塚春菜が、今年3月にタイで開催されるアジア最大級の広告祭、ADFEST(アジア太平洋広告祭)が主催する「Fabulous Four」に選出されました。

「Fabulous Four」は、ADFESTが若手監督の育成を目的として毎年行うコンペティションで、アジアの若手監督にとっての登竜門といわれています。同コンペティションでは、まだ実績の少ない監督を対象にテーマに沿った5分以内のショートムービーのスクリプトを募集し、ADFESTのFilm Craft部門とNew Director部門の審査員による審査を経て、実際に映像制作を行う4名が選出されます。今回は、今年のADFESTのテーマである「Transform (変換、変形)」をテーマに募集し、貝塚のスクリプト (題名:「Beautiful Face」)を含む4名のスクリプトが選出されました。

制作されたムービーはADFEST開催中の3月22日11:30(現地時間)に行われる「Fabulous Four」のセッションで公開され、貝塚もスピーカーとして登壇いたします。

ADFEST概要

アジア太平洋広告祭(Asia Pacific Advertising Festival)、通称ADFEST。1988年に創設されたアジア太平洋地域最大の広告祭の1つ。21回目となる今年は3月21日~24日の4日間、タイのパタヤにて開催される。2017年は72都市から1,342人が参加した。

貝塚春菜(かいづか はるな)略歴

武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業後、2016年に当社入社。


本件に関するお問い合わせ先

AOI TYO Holdings 広報チーム
03-3779-8006