グループ会社(株)デジタル・ガーデンがThe Moving Picture Companyと提携し、「リモート ビューイング」サービスを開始

AOI Pro.グループの株式会社デジタル・ガーデンが、英国ロンドンに本社を置く世界有数のVFXスタジオ 「The Moving Picture Company」(以下、MPC)と業務提携いたしました。
本提携により、デジタル・ガーデンは MPCのスタジオとリアルタイムでのカラーグレーディングを可能にする「リモート ビューイング」サービスを2016年2月10日より開始し、数々の受賞歴を持つ経験豊富なMPCのカラリストによる、クオリティの高いカラーグレーディング技術を日本の映像制作に提供いたします。

「リモート ビューイング」サービス概要

ロンドンのMPCのグレーディングルーム(※)とデジタル・ガーデンを専用回線でつなぎ、東京にいながらにしてMPCの現地カラリストのグレーディングの進行をリアルタイムで見ながら、ビデオ会議システムでインタラクティブなセッションを行うことができます。

  • 他拠点のスタジオとの「リモート ビューイング」サービスに関しては要相談

各社会社概要

The Moving Picture Company (MPC)

1975年に設立し、2004年にフランスのメディア事業会社「Technicolor」の子会社となったMPCは、卓越したグレーディング、VFXやCG技術により、広告、映画やエンターテイメント業界において視覚的な驚嘆とクリエイティブなノウハウを提供する、ロンドンのクリエイティブ・スタジオです。イギリス、フランス、アメリカ、カナダ、オランダ、メキシコ、インド、中国の世界8か国に10拠点のスタジオを構え、VFXのグローバルリーダーとして25年以上にわたり業界を牽引しています。
コンセプトデザイン、プリビズ、撮影のスーパーバイズ、2D合成、3D/CG効果、アニメーション、モーションデザイン、ソフトウェア開発、デジタル&体験型映像制作、カラーグレーディングなど多角的なクリエイティブソリューションを提供し、広告ではSamsung、Coca-Cola、Nike、Sony、Intel、Dellといった世界的な企業のテレビCMやキャンペーンを、映画では「オデッセイ」「007 スペクター」「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」「GODZILLA ゴジラ」等の話題作を手がけました。2013年には「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」での卓越したCG技術によりアカデミー賞の視覚効果賞を受賞するなど、世界的に高く評価されています。

株式会社デジタル・ガーデン

テレビCMを中心とした映像を制作するポストプロダクションで、3DCG制作やインタラクティブコンテンツの企画制作も行います。2008年には、カラーグレーディング業務を主とするアメリカのポストプロダクション「Company3」(以下、CO3)とデジタル・ガーデンをつなぐ「リモート テレシネ」サービスを開始、東京にいながらにして、現地カラリストと同じ画面を見ながら作業を進めることができる画期的な業務スタイルを提供しています。2012年には、社内でカラーグレーディング業務を行う体制を構築、CO3よりカラリストを招聘するなど、サービスの向上と人材育成にも力を入れています。2015年10月には、D.I.T.スタッフが撮影の事前打ち合わせから参加し、機材の選定や管理などの撮影領域から、オンセットグレーディング、データ変換やデータ管理まで、ポストプロダクション業務にスムーズにつながるワークフローの提案・実行を行う部署「Digital Shooting Div.」を新設しました。

デジタル・ガーデンは、ポストプロダクションという枠にとらわれず、常に新しいことにチャレンジをしていきます。

本件に関するお問い合わせ先

(株)デジタル・ガーデン/担当: 島崎
TEL: 03-5791-2215