日立マクセル マクセルDVD 「ずっとずっと。新留小学校篇」が、第16回ACCパーマネントコレクション(CM殿堂)入り決定!

当社制作のテレビCM、日立マクセル マクセルDVD 「ずっとずっと。新留小学校篇」が、第16回ACCパーマネントコレクションに決定し、CM殿堂入りを果たしました。
ACCパーマネントコレクション(CM殿堂)は、一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(通称ACC)がCM文化史に残すべき作品を厳選し、後世に永久保存する目的で1983年に設けた制度です。過去15回の選考会で、テレビCM66作品、ラジオCM37作品が殿堂入りを果たしました。
第16回目となる今回は、2005〜2007年度の「ACC CM FESTIVAL」テレビCM部門、ラジオCM部門のブロンズ以上の受賞作品から選考が行われ、テレビCM3作品、ラジオCM2作品が選出されました。

第16回 ACCパーマネントコレクション(CM殿堂)入り

  • マクセルDVD 「ずっとずっと。新留小学校篇」
    • クライアント: 日立マクセル株式会社
    • 広告会社: 株式会社アサツーディ・ケイ
    • 制作会社: 株式会社葵プロモーション (現:株式会社AOI Pro.)
    • プロデューサー: 青木豊

マクセルDVD 「ずっとずっと。新留小学校篇」

131年の歴史を持つ、鹿児島県・新留小学校の最後の卒業生となる3名の、最後の7日間の学校生活をつづった長尺CMのシリーズ。先生との絆、友情、笑い、涙、地域とのふれあいなどをありのままに撮影した完全ドキュメント作品。
ACC主催の国内最大規模の広告賞「ACC CM FESTIVAL」テレビCM部門にて、2007年に最高賞である「総務大臣賞/ACCグランプリ」と、“最も時代性、社会性を反映し影響力のあった作品”に贈られる「ジャーナリスト賞」をダブル受賞。

選考理由:

ドキュメンタリーとして被写体を見事にとらえた圧倒的な情緒性、記録という商品特性に対する企画の必然性が評価されました。


関連ニュース