この世界は、MERRYでなくちゃ。『MERRY SONG for MERRY PROJECT』発表プロジェクトに協賛、楽曲・プロモーションビデオを製作

株式会社AOI Pro. (本社/東京都品川区、代表取締役社長/藤原次彦、東証一部/9607)は、『MERRY SONG for MERRY PROJECT』に協賛し、楽曲・プロモーションビデオを製作いたしましたのでお知らせします。

『MERRY SONG for MERRY PROJECT』イメージ
『MERRY SONG for MERRY PROJECT』イメージ

「MERRY PROJECT」とは、アートディレクター水谷孝次氏が主催する「笑顔は世界共通のコミュニケーション」をテーマにさまざまな活動を繰り広げているアートプロジェクトです。『MERRY SONG』は「MERRY PROJECT」の存在と意義を、「音楽の力でより多くの人に知ってもらいたい」との思いから生まれました。

当社はCSR活動の一環としてプロジェクトに協賛、楽曲とプロモーションビデオを製作しました。
水谷氏の活動に共感した藤原次彦(当社代表取締役社長)・中江康人(同常務取締役)によるプロデュースのもと、企画・発案を今村直樹氏(CMディレクター/東北芸術工科大学教授)が行い、作詞を一倉宏氏、作曲を菅野よう子氏が担当、音楽制作には富永恵介氏(PIANO INC.)が当たりました。

PIANO INC.によって行われたオーディションには、世界から数百名の応募があり、そのなかからRyan Fornolesさん(21歳)、Blake Swifさん(21歳)、坂本卓也さん(25歳)、前田隆俊さん(17歳)、石川晴茄さん(21歳)の5名が選ばれ、歌唱を担当しました。

プロモーションビデオは、今村氏が教授を務める東北芸術工科大学映像学科の学生たちが演出・撮影・編集を担当。コーラスには山形県南陽市中川小学校の子どもたちが参加して、録音・撮影が行われました。レコーディングの様子や、5人のボーカルによる歌唱シーン、小学校での収録の様子が盛り込まれています。

「人を幸せにする」「社会を変える」デザインの可能性を探り、実践してきた「MERRY PROJECT」、その存在と意義を、歌の力で伝える『MERRY SONG』。ぜひご視聴ください。

(左から)オーディションで選ばれた5名のボーカリスト、レコーディングの様子、『MERRY SONG』関係者

AOI Pro.は、これからも映像制作などを通じて、社会貢献活動や学生の育成などのCSR活動に取り組んでまいります。

『MERRY SONG for MERRY PROJECT』のプロモーションビデオ

『MERRY SONG』発起人・今村直樹氏のメッセージ

MERRY PROJECT

「笑顔は世界共通のコミュニケーション」をテーマに、MERRYの輪を広げていくコミュニケーションアート。「あなたにとってMERRY(楽しいこと、幸せなとき、将来の夢など)とは、何ですか?」というシンプルな質問を世界中の人々に投げかけ、その笑顔とメッセージを集めている。
2008年北京オリンピック開会式では世界中の子どもたちの笑顔がプリントされた2008本の傘がスタジアムを埋め尽くし世界中で話題となる。東日本大震災以降は被災地の復興支援プロジェクトとして「Merry Smile Action」を立ち上げ、被災地の復興を継続的に支援する活動を展開。

『MERRY SONG』主なスタッフ

【発起人】今村直樹(CMディレクター/東北芸術工科大学教授)

「ソニー」「第一生命」「ダイワハウス」「マスターカード」など数多くのCMや、情報番組「まちのたね」(BSフジ・AOI Pro.制作)の監修・演出を手がける。

【作詞】一倉宏(コピーライター)

「サントリー」「JR東日本」「積水ハウス」「TOYOTA」などの広告を手がける。
斉藤和義、坂本真綾、Crystal Kayなどアーティストの楽曲への作詞提供も多い。

【作曲】菅野よう子(作曲家/編曲家/プロデューサー)

「COWBOY BEBOP」「マクロスF」などのアニメーション作品、「ペタル ダンス」などの映画作品、「UNIQLO」「サントリー」「コスモ石油」「積水ハウス」など企業CMなどの楽曲制作、「さかさまの空」(SMAP)「花は咲く」(NHK震災復興支援ソング)などの楽曲制作など、幅広く活動。


■本件に関するお問い合わせ
株式会社AOI Pro. 広報IR部 TEL:03-3779-8006