教育アプリ【ふって!世界×寿司】をリリース産学協同プロジェクト第二弾、世界地理を学ぶ“振るアプリ”

アプリのトップ画面
アプリのトップ画面

株式会社 葵プロモーション(本社/東京都品川区、代表取締役社長/藤原次彦、東証一部/9607)は、産学協同プロジェクト※「青色2号」第二弾のスマートフォン教育アプリ【ふって!世界×寿司】(共同企画・開発:拓殖大学工学部デザイン学科)を5月7日に発表、Google PlayとiTunesのApp Storeで同時に提供開始いたしました。

【ふって!世界×寿司】は、『青色2号』第一弾アプリ【ふって!バケ×ガク】に引き続き、スマートフォンを使って楽しく学習するアプリです。寿司屋が出前の屋台でアジア・オセアニア・中東・ヨーロッパ・アフリカ・南北アメリカの世界29カ国を横断し、スマートフォンを振って寿司を握ることで各国の情報(ネタ)を習得します。寿司の画像と国の情報(人口数、文化、特色など)を“コレクション”でき、Twitter、Facebookへの投稿が可能です。

「アプリの企画開発者には、授業の単位を認定」
今回の企画に際し、当社のアプリ制作サポートチームが「スマートフォンを振るアプリ企画」を出題し、拓殖大学のデザイン分野を専攻している学生35名がこの課題に対するプレゼンテーションを実施。授業課題の1つとして単位が認定されると同時に、選抜された5名の学生たちは、さらに当社アプリ制作チーム、外部スタッフと連携することで“プロの仕事”を垣間見ることができる貴重な体験をしています。

今後も「青色2号」は、様々な大学との連携を進めて、教育アプリをリリースしていく予定です。ご期待ください。

プロジェクトのロゴ
プロジェクトのロゴ

※「青色2号」
デジタルネイティブである学生の発想を、葵プロモーションがプロデュースし、双方を高める課題に取り組む産学協同プロジェクト。葵プロモーションのコーポレートカラーである青をモチーフに、世の中を明るく青空にする発想力豊かな次世代のクリエイター育成を目指しています。同プロジェクト第一弾では、拓殖大学 情報表現研究室と共同で、酸素や炭素などの元素キャラの組み合わせを、スマートフォンを振ることで新しい化合物キャラクター(バケキャラ)を作るゲームアプリケーション【ふって!バケ×ガク】を2011年9月にリリースしました。

起動画面の抜粋

セレクト画面
セレクト画面
シェイク画面
シェイク画面
マップ画面
マップ画面
コレクション画面
コレクション画面

【ふって!世界×寿司】企画制作スタッフ

企画 株式会社 葵プロモーション、拓殖大学工学部デザイン学科
制作 青色2号
拓殖大学 打場あかね、荻野和樹、金子卓矢、近藤大介、吉田光
プログラム 株式会社 インフィニティソフトウェア
アートディレクション D-KNOTS
プロジェクトマネージメント 有限会社 ズィープロダクション

【ふって!世界×寿司】概要

機能 地理情報(人口数、文化、特色など)学習アプリ
ポイント スマートフォンを振って楽しく世界の地理が学べる。世界29カ国の“ネタ”(情報)を握って寿司を生成。Twitter、Facebookへの投稿も可能。
価格 無料
公式サイト http://www.aoi-pro.com/aoiro2go/sekaisushi.html
Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.aoipro.aoiro2
iTunesのApp Store http://itunes.apple.com/jp/app/id519963994?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

このたび、産学協同で教育アプリの企画・開発を行った葵プロモーションは、本年4月に第50期を迎えました。今後も従来のテレビCMの制作を主軸にドラマ、アプリケーション、ソーシャルゲームなど様々なコンテンツの企画・プロデュースに積極的に取り組んでまいります。

■本件に関するお問い合わせ
株式会社 葵プロモーション 広報IR部
TEL:03-3779-8006