「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー‘15/第21回AMDアワード」にて受賞!

「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー‘15/第21回AMDアワード」にて、当社が制作に携わった作品が年間コンテンツ賞「優秀賞」を受賞いたしました。

一般社団法人デジタルメディア協会(略称AMD)が主催する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー/AMDアワード」は、日本のコンテンツ産業発展の中核的存在としてデジタルコンテンツを捉え、デジタル作品の質的向上や人材育成の促進を目的に制定されました。2015年に、デジタルメディアにて表現されたコンテンツや、最新のデジタル技術を駆使して制作されたデジタルコンテンツ及びサービスの中から優秀な作品が審査・選定され、その制作者に賞が贈られます。

今回は、当社が制作に携わった作品を含む8作品が、年間コンテンツ賞「優秀賞」を受賞しました。

年間コンテンツ賞 <優秀賞>

  • au 三太郎シリーズ
    • クライアント: KDDI株式会社
    • 広告会社: 株式会社電通
    • 制作会社: 株式会社AOI Pro.
    • エグゼクティブプロデューサー: 清野敏弘
    • プロデューサー: 村田淳一、福原健司

受賞理由

「CM好感度調査」において、2015年度はKDDIが1位へと躍進。日本昔話の主人公3人(桃太郎、浦島太郎、金太郎)が友達という設定がユニークで、くすっと笑えるシーンも豊富。「auのCMといえばこれ!」といったイメージを見事に醸成させ、auのブランド力向上にも貢献したのではないか。


詳細は下記ページでもご覧いただけます。